不眠症を効果的に解消するのTOPに戻る

不眠症とは

不眠症ということですが、寝付きが1回良く無かったから、良く睡眠が取れなかったから成るものでは有りませんし、睡眠が慢性的に良く摂れなかったり、寝室に入っても中々寝付けなかったり、朝迄に何度も目覚めたりするような症状が続いている状態のことです。

最近は、不眠についての悩みを抱えている人が増加しているようですが、不眠症で苦しんでいる方はもちろん良く睡眠が摂れないといった悩みを持っている方も加えますと、相当数の方がいらっしゃると思います。

不眠症とは、7時間の睡眠時間を取っていても熟睡できていなかったり、安眠できなかったと感じる方や、4時間の睡眠でも熟睡できた、安眠できたと感じる方もいらっしゃいます。熟睡できたか安眠できたかは睡眠時間の長さではなく、あなたの感じ方次第なのです。

不眠症かどうかの判断は、あなたの感じている睡眠の様子から判断して診断しているのです。

不眠症とは、単に良く眠れない、熟睡できないという症状というわけではなく不眠症という病気になります。不眠症はそのまま対策を取らずに放って置くと、身体が怠さを慢性的に感じるようになり、昼中会議中でも急に眠気が襲ってきて居眠りをしてしまったりなど弊害をもたらしてしまいます。

不眠を意識してしまって、寝なければいけないと頑張ってしまって、そのことに意識が集中して余計眠れなくなってしまったり、友人に相談してもあまり気にしない方が良い、気持ちの持ち方よなどといわれてしまい、落ち込んで更に眠れなくなってしまいます。

不眠症を解消する為には、原因と対策の正しい知識を持って、早期の解決が最も大切なことです。

【関連記事】
不眠症のタイプ
枕と首の角度による不眠症
不眠症に克つ
関連コンテンツ

不眠症の種類

・・・

不眠症の一般的なイメージ

・・・

不眠症とうつ病の違い

・・・

不眠症には主観的なものと客観的なものがある

・・・

不眠症と勘違いする場合

不眠というものは、布団に入って眠ろうとしても中々眠つかれない症状のことを良いますが、良く言われていることですがカフェインが含有しているようなコーヒーとか茶などを就寝前に飲んだりすると精神が興奮して寝つ・・・

不眠症を引き起こす要因

不眠症は寝付け無い日が続くなどの不眠に苦しんでいる方が何と五人に一方は不眠の症状を感じていると言われている程多くの方が悩んでいる症状なのです。 不眠症の症状には、寝付きは悪いけど寝てしまうと朝迄・・・